冷え性改善・第2子妊娠希望の妊活目的でよもぎ蒸しを初体験!

目安時間:約 7分

女性で冷え性の方は多いはず。

 

特に女性の冷えは子宮や卵巣といった内臓にダイレクトに響いてきます。

 

子宮や卵巣が冷えるとどうしても元気のない卵子に

なってしまう傾向があるそうで妊娠しやすいかどうかにも強く影響してしまいます。

 

第2子になかなか恵まれない&冷え性を少しでも改善したいということで

芸能人の間でも人気のある「よもぎ蒸し」を初体験してきました。

 

初・よもぎ蒸しをレビューしていきたいと思います。

 

 

よもぎ蒸しを行うまでの手順

リラックスした空間・音楽でよもぎ蒸し

 

今回伺ったのは徳島県三好郡にある癒里 ~ゆとり~です。

 

完全予約制でゲルマニウム温浴を中心によもぎ蒸しと

ホルミシスリンパセラピーを行っているお店です。

 

 

来店からカウンセリング、着替えまでの流れ

靴を脱いだらスリッパに履き替え、部屋に通されます。

 

部屋はカウンセリングルーム・ゲルマニウム温浴

よもぎ蒸し・ホルミシスリンパセラピーがそれぞれに分かれているワンフロアになっています。

 

照明を落とし柔らかい光でオルゴール調の音楽が流れ

リラックスできる空間になっています。

(写真ではだいぶ明るく映っていますが本当はもっと照明を落としています)

 

 

 

お茶を頂きながら初めてだったのでカウンセリング票を記入します。

 

冷え性・体質改善・妊活・美肌…期待したいものは山ほどあります。

 

私は「冷え性」の改善を最優先にしました。

 

 

 

早速よもぎ蒸しをするためにマントに着替えます。

 

紙ショーツを履いてマントを被ります。

 

お店によっては下着も何もつけない状態でマントを被ることもあるようですよ。

 

マントに着替えたら体組成計で体重や体脂肪を計測します。

 

よもぎ蒸し 40分間のスタート

タイマーを40分にセットしよもぎ蒸しのスタート。

 

足湯やゲルマニウム温浴で先に体を温めた方がいい

足がキンキンに冷たく冷えている状態でよもぎ蒸しを開始。

 

足を温めようと体育座りにしてみたりあぐらをかいてみたりと

気がつけば40分のほとんどを冷えている体を温めることに費やしてしまいました。

 

根っからの冷え性で運動不足や基礎代謝量も

少ないことも関係しているのかもしれません。

 

よもぎ蒸しを始める前に別途メニューのゲルマニウム温浴を行うか

自宅で足湯をしてきたり足をカイロで温めておくなど特に冬場は下準備が必要のようです。

 

 

どんな座浴器(よもぎ蒸しのイス)を使っているか

こちらのお店ではよもぎ蒸しに木製のイスを使用していました。

 

 

 

 

体がようやく温まってきたかなというところでの終了。

 

頭からマントを被っていたのでよもぎ蒸しの水蒸気がタラタラと

汗のように流れてきていましたがこれといって汗をかいている実感もなく

これは水蒸気?汗?どっち?という状態のまま終了でした。

 

しかしマントを脱いで洋服に着替えていると

下っ腹(子宮のあたり)が何だかじんわりと温かいではありませんか!!

 

洋服に着替えよもぎ茶を頂いている時には

お風呂に入って芯から温まった感じで全身がポカポカしていました。

 

 

よもぎ蒸しで使用したティーバッグとよもぎ液が頂けます

 

またよもぎ蒸しに使用したティーバッグとよもぎ液をお持ち帰り出来ます。

 

よもぎ蒸し後の2~3日間は特に

デリケートゾーンから子宮にかけて体の中からの温まり方が早いように感じました。

 

お店と自宅、よもぎ蒸しをするならどっちがいいか

よもぎ蒸し1回 40分 2000円(回数券だと1回 1700円~)と

比較的良心的な金額なのではないかと思います。

 

しかし出来ることなら黄土のよもぎ蒸しをしてみたかった!

 

 

ファンジンというメーカーのものは黄土の座浴器や壺を使用していて

自宅でも簡単に使用出来るようです。

 

黄土の座浴器は木製やプラスチック製に比べて一生使えることが売りです。

 

ただ値段が張ります。

 

最初の支払う金額が大きいですがこの先30年以上使い続けるとしたら

長い目で見れば座浴剤込みで1回 500円くらいで出来るので、やっぱりお得ですよね。

 

座浴後の壺の中のアブラや泡、汚れやにおいで

自分のデトックス力や体調の変化がわかるようです。

(これがやりたかった!!!)

 

 

1回だけではわからないだろうということでよもぎ蒸しの回数券を購入しました。

 

ファンジンの黄土の座浴器セットも購入に向けて虎視眈々と狙いつつ…。

 

ページの先頭へ