[デュアルタイプ体組成計比較] インナースキャンデュアル RD-903とRD-501どっちを買うか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体重計の目盛りは47kgを指す

両手両足測定タイプの方が、両足測定タイプに比べてより正確に計測出来るのだと思っていました。

しかし、タニタから2015年7月1日に発売されている「デュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-903」を知り、その思いは簡単に打ち砕かれます。

またRD-903の下位機種に、「インナースキャンデュアル RD-501」があります。

  • インナースキャンデュアル RD-903 13480円~
  • インナースキャンデュアル RD-501 9647円~

(2017/08/24現在)

この2つの違いを比べてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

RD-903とRD-501の同じ点

  • 世界で初めて!筋肉の質を分析!

筋肉の質を分析する「筋質点数」の測定機能を世界で初めて搭載。

  • デュアル周波数でより正確に

医療分野や研究施設で用いられている体組成計の技術を家庭用の体組成計に。

2つの周波数で、より正確に測定することが出来る。

  • バックライトで判定結果がわかる。

緑・黄色・赤の3色で、直感的に判定結果がわかる。(標準レベルであればライトが
緑色に光る)

  • 体組成計本体に、取り扱い説明書が同封されていない。

デュアルタイプシリーズの体組成計(RD‐902・903・904・905)はすべて、取り扱い説明書が同封されていない。

そのため別途PDFデータをダウンロードし、必要があれば各自で印刷するスタイルとなっている。

この体組成計でわかること

体重・体脂肪率・BMI・内臓脂肪レベル・筋肉量・基礎代謝量・体内年齢・体水分率・推定骨量・筋質点数

RD-903とRD-501の違う点

RD-903について

ひょう量(最大計量) 180 kg

最小表示 0 ~ 100 kgまで 50 g単位

  • iPhoneやAndroidスマホでデータ管理

Bluetooth通信で、iPhoneやAndroid端末にデータを送信。毎日の測定をデータ管理出来る。

Bluetooth通信に対応しているiPhoneやAndroid端末は、TANITA公式HPを確認してくださいね。

RD-501について

ひょう量(最大計量) 150kg

最小表示 0 ~ 100 kgまで 50 g単位

  • 過去データをグラフで表示。

当日を含む31日分の過去のデータを、グラフで表示。測定結果を1日ずつ見れる。

  • 表示データ項目は、日本語で表示。

測定データの項目表示は、日本語で表示されるのでパッと見てわかる。

(※ RD-903は、英語頭文字の表示)

RD-903とRD-501、どっちにする?

体組成計で測定出来る項目は、ほとんど一緒です。

RD-903とRD-501との違いは、スマホでデータ管理出来るか出来ないかですね。

スマホを持っていない方は、悩む余地なくRD-501でいいと思います。

その差が、約6000円ですからね。

私のスマホ URBANO L03(au)は、Bluetooth通信に対応している機種なので、条件はクリアしていますが…

ただ私とURBANO L03との相性が悪いようで、交換1回・修理2回(ただいま修理中;)出しています。

他のURBANO L03ユーザーの方々も、こんな不調がよく起きているのでしょうか?

果たして今後修理に出すことなく、アプリがきちんと毎日作動し、Bluetooth通信を使ってデータ通信できるのか…が私の中では一番のポイントです。

もう体組成計の性能うんぬんではないですね~ハハハ。

体組成計でおよそ2万円もするというのは、私の中ではとっても高価なので、とても迷います。

旦那(iPhone5所有)もトレーニングに行ったり、プロテインを飲んだりしてカラダ改造計画中のようなので、夫婦二人で励ましあいつつ、目に見える形で頑張っていけたらいいな~と期待して…

「インナースキャンデュアル RD-903」、買っちゃいます!

でも旦那だけのことを考えたら、本当は前回比べた「インナースキャン50V BC‐622」がいいようなんですよね。

BC‐622とRD-903は、それぞれ使う人のタイプが違う

どうして旦那には「インナースキャン50V BC‐622」がいいかと言うと、BC‐622は6つの部位別で筋肉量・脂肪率がわかります。

そのため日頃から定期的に運動しているような方向けで、特に男性は女性に比べて筋肉量も多いので、日々の筋肉量の推移も目に見えてわかりやすいところがあります。

目に見えて脂肪率が減り、筋肉量が増えていったら、当然ますますやる気も出てきます。

反面女性は筋肉量が少ないので、筋トレや運動を頑張ってもなかなか数字として現れにくいです。

こんなに頑張っているのに、数字がびくとも動かなかったら、やる気も削がれてしまいますよね。

でも「インナースキャンデュアル RD-903」だったら、筋肉の質を点数化してくれるから、筋肉量の少ない女性やお年寄りでも、ちゃんと目に見えて変化を感じることが出来ます。

一番の理想は、6つの部位別で筋肉量・脂肪率+筋質点数の機能がついた、スペシャルな体組成計です。

一部のコアな人間しか購入しないと思いますけど、「自己ダイエットの必需品!」みたいな感じでモテはやされるのではないかな~。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする