【RD-903で測定】体脂肪率32%台なのに、筋質点数100点っておかしくない?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RD-903の一番の売りは、何と言っても世界初!筋肉の質(状態)を分析する「筋質点数」の測定機能を搭載していることです。

ただ、私の体脂肪率・筋肉量・筋肉スコアを見ると、何だか筋質点数が異様に高いような…。

今回はこの筋質点数に関して体組成計に乗るたびに疑問をもったので、お馴染みのタニタ お客様サポートセンターに質問をぶつけてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

 私が「筋質点数」100点??

RD-903の1ヶ月使用後レビューでも取り上げていた疑問。

[1ヶ月使用後レビュー]タニタ体組成計 RD-903を1ヶ月使用しての感想
TANITA インナースキャンデュアルRD-903を使用して1ヶ月経ちました。 まだまだ価格.comでも根強い人気のR...

体重の割合に比べて体脂肪率が多く、かつ筋肉量も標準値と出るもののやや少なめな私のからだ。

初めてRD-903を購入して体組成計に乗った時から、筋質点数は92点以上を叩きだしていました。

そして週1回もしくは2週に1回程度のトレーニングセンターでの筋トレ・ランニングをし始めると、筋質点数はなんと100点に!

嘘!私の体で筋質点数が100点

体脂肪率32%台の私が、筋質点数は100点?!

うそ~~~

ちょっと表示間違ってませんか?

 そもそも「筋質点数」って何?

タニタお客様サポートセンターの方と話していてわかったのが、そもそも「筋質点数」がどういうものなのかきちんと理解できていなかったことです。

筋肉を筋繊維の大きさや脂肪、繊維質の結合組織の含有量といった筋肉組織の状態を分析して点数化したものが、「筋質点数」になります。

だから筋肉の結合繊維の中に脂肪などが少なく筋繊維が多いと、点数が高くなるとのこと。

それに、「筋肉スコア」と「筋質点数」はまったくの別物であるということです。

私のように例え筋肉スコアが0でも、筋質点数が100点という場合だとしても、まったくおかしい状態ではないと説明してくださいました。

運動していなかったら、筋質点数が減ってきた

4月からの保育園の持ち物の準備などで、なかなかここ2週間くらい運動が出来ていない状態でいたら、なんと100点を保っていた筋質点数が97~98点に下がり始めました。

運動しないと筋質点数はやっぱり下がる

ちょっとだけガッカリした反面、おお~ちゃんと測定してくれているんだなと安心しました。

やっぱり定期的な運動が必要ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする