1ヶ月でお尻周りマイナス7センチに成功!低糖質ダイエットに挑戦中

目安時間:約 15分

糖質制限でお尻・腰周りマイナス7センチ

 

3月にゆるい砂糖断ちをはじめ再挑戦もどこ吹く風。

 

6月13日より低糖質ダイエット(糖質制限)と筋トレを密かに始めていました。

 

この30年ダイエットなんて成功した試しがなかったので

おおっぴらにせずあくまでひっそりと…

 

糖質制限を始めて1ヶ月もかからずに

本人もビックリなくらいのサイズダウンに成功!

 

これからダイエット始めるわ!という方や低糖質ダイエットが気になっている人に向けて

サイズダウンのダイエット成功例として紹介したいと思います。

 

お尻周りが、まさかのマイナス7cmに成功!

実を申し上げるとまさか1ヶ月足らずで成果が出るとは思っていなかったので

からだの各箇所のサイズを測っていませんでした(汗)

 

たまたま子供に入園式前にお尻周りのサイズの記録を測っていたのを

ショックすぎて覚えていたのと、低糖質ダイエットを始めてから

仕事用のズボンが明らかにゆるゆるになってきておかしいな~というところから発覚しました。

 

ダイエット前 お尻周り 97cm

(11号のスラックスが、ほとんどゆるみなしのピチピチ状態)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット後 お尻周り 90cm

 

 

お尻周り マイナス7cmに成功しました!!

 

糖質制限を取り組むにあたってのポリシー

ただ単に体重が減ればいいというわけではありません

体脂肪を減らして基礎代謝アップを狙います。

 

筋肉量が増えればおのずと冷え性も改善するはず!!!…と願って。

 

 

今回紹介する方法は、あのCMで話題のライザップ(RIZAP)を意識した方法になっています。

 大幅にサイズダウンした食事法とは

食事方法に関しては、糖質を制限する「低糖質ダイエット」を行っています。

 

一日に摂取できる糖質の量は?

摂取できる糖質の量は、1日50gまでとしています。

 

糖質の量を調べるのはスマホで検索すれば簡単に検索できます。

 

しかしすべてメニュー表示がされている外食や

調理済みの加工品を食べ続けるならまだしも

自分で料理をするとなると様々な食品を使用します。

 

私もはじめはその都度一つ一つスマホで食材の糖質の量を調べていたのですが

これって結構めんどくさい…

 

 

そのため、増補新版 食品別糖質量ハンドブックを購入しました。

 

食料品そのものの素材だけでなく

市販の食品、定番料理、外食・テイクアウト、飲み物まで網羅されてます。

 

片手に収まるサイズなので

バッグに忍ばせて買い物の際や外食のメニュー選びの際などに1冊あると何かと便利ですよ。

 

 

 糖質の低いパンを主食にしよう

ご飯・麺類・パンは、基本的に糖質が高いです。

 

1日糖質50gに設定していると1食食べたら終わりか

糖質が高くて1食も食べれないメニューもざらにあります。

 

そのため糖質制限をはじめてからずっと

主食は糖質の低いブランパンを食べています。

 

糖質制限の味方、ローソンのブランパン

 

おすすめは、ローソンのブランパン。

 

1個あたり糖質2.2g 2個入り 125円税込

 

ブランパンの他にもローソンから様々な低糖質なパンが販売されています。

 

詳しくはローソンの公式HPへ

 

カロリーは気にしない

低糖質ダイエットで気にするのはカロリーではなくあくまで糖質。

 

極端な話、カロリーがとんでもなく高くても糖質が低ければOK!

 

ちなみに私は糖質制限をするようになってから

アボカドをよく食べるようになりました。

 

アボカドは、畑のバターとも呼ばれるほど

脂肪分が20%を占め、カロリーはご飯1膳半もあります。

 

しかし糖質は、100gあたりなんと0.9g!!

 

あのクリーミーさが堪りません。

 

糖質と同じくらい、タンパク質にも気をつかう

糖質を制限しながらウエイトトレーニング(筋力トレーニング)に励みます。

 

そうなってくるとタンパク質の摂取量も大事になってきます。

 

はじめのうちは気にも留めなかったタンパク質ですが

今では気を遣い始めタンパク質の量も出来るだけ意識的に計算しています。

 

 

運動した日・筋肉痛が残る日=体重×1.5g~2g

 

それ以外の日=体重×1g

 

 

食品で摂れなかった分は、プロテインを飲んで調整しています。

 

※プロテインにも、もちろん糖質が含まれているので、注意してくださいね。

 

 

今まで飲んでいたプロテインは、ウイダー マッスルフィット プロテイン ココア味 900g。

 

 

ホエイとカゼインの両方が入っているので

運動直後・寝る前でもこれ1つで効果を発揮してくれます。

 

水で割るより牛乳や豆乳で割って飲んだ方が美味しいです。

 

今気に入って飲んでいるプロテインはDNS プロテインホエイ100 チョコレート風味 1000g。

 

 

ホエイ100%。

吸収が早いので運動直後にもってこいです。

 

ただ寝る前に使用するとなると

ウイダー マッスルプロテインよりもカゼインが入っていない分やや劣ります。

 

それでも1)溶けやすく 2)水で割って飲んでも美味しいんです。

 

1)溶けやすい

 

一番初めに使用したプロテインが

ウイダー マッスルプロテインだったのですがそれよりも溶けやすくてビックリ!!

 

2~3回シェイクしただけで、きれいに溶けちゃう。

 

 

2)水で割って飲んでも美味しい

 

低糖質ダイエットをはじめてからプロテインは水で割って飲んでいます。

 

水で割ってもまるで牛乳や豆乳が入っているかのように美味しくて飲みやすい。

 

「ミロ」のような味わいです。

 

 

 糖質を制限すると、便秘になりやすい??

私のダイエット成功の噂を聞いた先輩ママも

低糖質ダイエットをはじめました。

 

 

その先輩ママさんがポロッとこんなことを言っていました。

 

「糖質制限したら便秘気味になっちゃったけど、うどん食べたら便秘解消しちゃった」と。

 

糖質制限をすると糖質が高くてNG食品も多くなり

いつの間にか全体の食事量も減っていませんか?

 

私は旦那と2人で低糖質ダイエットをしていますが

毎食必ず肉もしくは魚と野菜をたっぷり食べています。

 

糖質を制限する前より野菜摂っているんじゃないかって言うくらい。

 

野菜の1日の摂取目安量とされる350gももしかしたら摂れているのかもしれません。

 

もちろん、便秘知らずですよ。

 

 

食費はどれくらいかかるの?

糖質制限中で食費が2倍

 

主食としてブランパンを毎食2人分購入。

 

丼物や麺類が食べられなくなったのでおかずの品数と量も増えました。

 

が、今までの食費の金額よりなんと1.5倍の金額がかかるようになってしまいました!!

 

1ヶ月でブランパン代 1万1625円!

 

単純計算でもブランパンを毎食食べるとして

1人あたり1ヶ月で、1万1625円かかります(1ヶ月31日計算)

 

2人で糖質制限しているので、2万3250円ですね。

 

プロテインも1ヶ月に1袋半ほど消費するので毎月2袋購入します。

 

プロテイン代も食費として含めるならば

およそいつもの食費の2倍の金額がかかることになります。

 

 

とても懐の痛い話ではありますが

低糖質ダイエットは3か月の期間限定ということで始めているので

懐が痛いのは3か月だけの我慢…として割り切っています。

 

低糖質ダイエットと併せて行っている運動

糖質の過剰摂取をやめれば、痩せられる

1ヶ月でお尻周り(腰回りも含めて)が何と7cmもサイズダウンしました。

 

まだ始めて1ヶ月ですし

このサイズダウンは運動のお陰というよりは糖質制限による賜物でしょう。

 

それくらい糖質を過剰に摂って脂肪になっていたんですね~。

 

この1ヶ月間では、体脂肪・筋肉量ともにほとんど変化はありません。

 

しかし力こぶは出来てきましたよ。

 

 

1ヶ月目の運動方法

この1ヶ月間は週に2回

市の体育館のトレーニング室でマシンや器具を使った筋トレを行いました。

 

あくまで筋トレのみを30分~1時間。

 

有酸素運動は筋トレが飽きてしまって

箸休め的な意味合いでたまに10分前後だけ。

 

上半身だけの筋トレ、下半身だけの筋トレ、上半身と下半身両方の筋トレ…

といった具合に飽きないように分けながら筋トレをしました。

 

下半身のみ筋トレをする場合は

レッグエクステンション・レッグプレス・レッグカールを。

 

それだけだと少ないので

下半身の筋トレの場合は腹筋や背筋も併せてトレーニングしました。

 

上半身のみの筋トレをする場合はバタフライマシン・ラットプルダウン。

 

その他にベンチプレスやダンベルを使って筋トレを行いました。

 

 

筋トレはトレーナーがついている方が絶対良い

糖質制限をし筋トレに励み

やるからにはしっかりやりたいし何より成果をあげたい。

 

旦那との話題にあがるのは筋トレに関して。

 

1)このフォームで合っているのか、狙っている部位を効果的に鍛えるにはどうしたらいいのか

2)一人で筋トレを行うと、なかなか限界以上まで自分を追い込めない

 

それで結論に至るのは

トレーナーがついてきちんと指導してくれるトレーニングジムに行きたいよねということ。

 

住んでいるところが田舎なのでなかなか

トレーナーがついてきちんと指導してくれるトレーニングジムがないのが現状です。

 

この記事を読んでくださっているあなたの地域はどうでしょうか。

 

近くにトレーナーがついてきちんと指導してくれる

トレーニングジムがあるうようでしたら会費が高くてもおすすめします。

 

あ、筋トレに加えて糖質制限までしているなら【RIZAP】という手もありますね。



 

ページの先頭へ