ホットタブが黄色く変色し劣化!不良品?!原因はコレだった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

驚く

手元に届き封を開けてから1日~2日しか経っていないのに、薬用ホットタブ重炭酸湯のタブレット(錠剤)が黄色く変色してしまいました。

しかも1つや2つではなく、複数が変色し劣化しています。

不良品なのでしょうか。

原因を調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

薬用ホットタブ重炭酸湯が劣化してしまった、今の状態

薬用ホットタブ重炭酸湯が劣化

まだ購入してから間もない、薬用ホットタブ重炭酸湯

光の加減でわかりずらいかもしれませんが、画像の一番左側のタブレットが、一番劣化しています。

中央後ろと右側のタブレットは、端の部分のみが劣化し、そうでない部分と明らかに表面が違っているのがわかるかと思います。

劣化した部分は黄色く変色し、表面もボロボロした状態になってしまいました。

劣化した薬用ホットタブ重炭酸湯 横から

正常なものと劣化したものを並べてみました。

劣化したからと言って、厚みは変わらないようです。

触ってみた感じもまだ固いです。

ただ劣化しボロボロになった部分を触ると、粉が落ちてきます。

 1日~2日で黄色く変色するなんて、不良品だったのか?

今回購入したのは、30錠入りを2袋です。

もしかして開封前からこんな黄色く変色した状態だった?

1袋目を開けてすぐは、確かにすべて真っ白だったはずなのに…

まだ封を開けていない状態の2袋目を開けてみました。

もう一袋は劣化しておらず、真っ白のまま

すると…真っ白でした。

これで、開封前から変色していた疑惑は消えました。

製品裏に記載があった『保管上の注意』

薬用ホットタブ重炭酸湯の裏面には、保管上の注意としてこんな記載がありました。

保管上の注意

  • アルミ袋開封後は毎回しっかりと袋のジップを閉め、湿気を避けて保管してください。
  • 乳幼児の手の届くところや直射日光の当たる場所、高温、多湿の場所には置かないでください。

もしかして『湿気』が原因…??

薬用ホットタブ重炭酸湯を、子供の手の届かない押入れの高いところに置いていました。

そういえば…開封した次の日にジップを閉め忘れて、開けっ放しになっていたことを思い出しました。

その時はまさか変色し劣化しているとは思わず、中身までは確認していませんでした。

湿気を吸い過ぎると膨張し、柔らかくなる

調べていくうちに、私と同じように変色し劣化してしまった事例の方を発見しました!

関連事例:きこ♪のなんチャない日記

その事例はお風呂場で保管し、案の定ジップを閉め忘れて、タブレットが膨張し柔らかくなったというものでした。

また湿気をあまりに吸い過ぎて膨張してしまうと、ホットタブ専用のシャワーヘッドにも入りきらなくなるようです。

湿気を吸ってしまっても、問題なく使用できる

湿気を吸って変色・膨張し劣化してしまっても、問題なく使用出来ます。

ただ膨張してしまうと、そうでないギュッと固まったものに比べて、発泡する力が弱くなるようです。

そして膨張しすぎると、ホットタブ専用のシャワーヘッドにも入りきらなくなります。

もし湿気を吸ってしまい、変色や膨張・劣化してしまったタブレットがあったら、そのまま浴槽に入れて、通常の入浴剤として使用しましょう。

何より、ジップを閉め忘れないことが一番ですか。

皆さんも気を付けてくださいね。

関連:薬用ホットタブ重炭酸湯