食生活を改善しようと思うなら守っておきたい黄金比率

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えばライオンやトラといった肉食動物は、肉を引き裂くための尖った肉食用の歯をもっています。

反対にキリンや牛といった草食動物は、草をすり潰しながら食べるための平らな草食用の歯を持っています。

肉食動物が草を食べないように、草食動物も肉を食べません。

動物の歯を見るだけで、その動物が何を食べるように出来ているかを表しています。

では、私たち人間は何を食べたらいいのでしょうか。

私たちの歯を見ると、そのヒントが隠されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

歯の数と形で、私たちが食べるとよいものが一目でわかる

人間の歯の数は親知らずもすべて含めると、全部で32本あります。

前歯は切歯や門歯などとも呼ばれる歯で、上下に4本ずつ計8本あります。

門歯は草食用の歯ですから、野菜や果物を食べるための歯になります。

4本の尖った歯、犬歯は門歯の両脇に上下左右に1本ずつあります。

犬歯は肉・卵・魚などの動物性食品を食べるための歯です。

そして20本と最も多くある歯、それは奥歯といわれる臼歯です。

上下左右に5本ずつ、全部で20本あります。

臼歯は穀物をすり潰すための歯であり。読んで字のごとく臼状の形をした歯です。

門歯8本:犬歯4本:臼歯20本=2(野菜):1(動物性):5(穀物)

人間が歯の比率に合わせた食事をするならば、肉や魚の動物性食品を1とすると、その2倍の野菜と5倍の穀物を食べるのが、人間としての正しい食事のあり方です。

つまり穀物を中心に、野菜・海藻・果物を食べ、肉・卵・魚などの動物性食品は少量に抑えるのが理想です。

決して「おかずの量が、ご飯の量を超えることはない」ということです。

どんなに体にいい、プラスになる性質の食品だとしても、この比率を乱すと効かなくなります。

効果がなくなるだけでなく、多少なりとも健康状態が崩れ、長く続くと体調に異変が生じてきて、体への負担も大きくなっていきます。

 腸の長さでわかる体に必要な食べ物の違い

体に一番良い割合の食事を用意する。

日本人は古くは、畑を耕し農作物を作ってきた農耕民族であり、動物性食品も肉より魚を多く食べてきました。

反対にヨーロッパなどの寒冷地では、農耕は十分に出来ず、狩猟で取れた肉を食物としていました。

それは私たちの体にも違いが表れています。

ヨーロッパ人は腸が短いため、胴が短く手足の長い、日本人が羨む体型です。

これは体内に長く留めておくと毒となってしまう肉を早く排出するためです。

腸の長い日本人が同じような肉中心の食生活を送ると、早く排出しなければいけない肉が腸に長く留まってしまいます。

その他にも卵・牛乳・バター・マヨネーズといった、今では私たちの食卓に当たり前のように並んでいる食品にも注意が必要です。

食物繊維が含まれておらず、かつ消化吸収が良いので、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

すると血液中に糖や脂肪をはじめとする余剰な老廃物を溜めてしまいます。

名立たるハリウッドスターが、日本食を愛しているのも事実です。

腸の長い私たちは、もっと日本食の良さを見直さなければいけないのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする