高級羽毛ルームブーツを3か月間使用後のレビュー ルームブーツはあり?なし?

目安時間:約 11分

 

高級羽毛使用のダウンルームブーツの前と後ろ

 

羽毛のルームブーツはダウンケットと同時購入し

12月から3月中頃まで使用しました。

 

3か月間仕事中は毎日履いて脱いでを繰り返してきて感じたこと

自宅でのクリーニングをレビューしたいと思います。

 

>> 続きを読む

高級羽毛ダウンケットを自宅でクリーニング!自宅で洗う注意点とは

目安時間:約 9分

 

高級羽毛のダウンケットを購入し

記事としてアップしたのが2015年の12月12日。

 

あれから冬の期間は仕事中は毎日ずっと使用していました。

 

ゴールデンウィークの連休中が

ダウンケットを洗濯するチャンスだ!と待ち構えていたのですが…

何とダウンケットを会社から持ち帰るのを忘れるという失態をおかしてしまいました。

 

そのため1ヶ月遅い6月初めの曇りがかった休日に

やっと自宅でクリーニングを行うことが出来ました。

 

 

高級羽毛のダウンケットはクリーニング店で洗えるのはもちろんのこと

何と自宅でも洗濯出来てしまう!というのが素晴らしいポイントなのです。

 

さて今回はせっかくなので自分で洗ってしまおうと

自宅でクリーニングをした結果…のお話をしたいと思います。

 

>> 続きを読む

高級羽毛使用のダウンケットを使用して、机でも羽毛布団の温かさを実感

目安時間:約 8分

私はコールセンターの仕事をしてほぼ座りっぱなしで一日を過ごしています。

 

寒くなってきてより太もも・お尻・腰回りの冷えが気になりだしました。

 

今仕事場ではマイクロファイバー素材のひざ掛けを使用していますが

数年使っているものなので新品に比べたらだいぶへたってきています。

 

 

そこでダウンルームブーツで足首・ふくらはぎの保温効果を実感できていたので

同シリーズの高級羽毛使用のダウンケット(ダウンブランケット)を購入したのでレビューします。

 

 

ダウンケット購入前の状態と悩み

  • ひざ掛けが当たる前面の太もも部分は温かいが座面に接している後面の太もも・お尻の部分が冷たく、芯から冷えているように感じる。
  • ひざ掛けの長さが短いので、余裕を持ってぐるっと体に巻くことが出来ない。
  • ひざ掛けがへたってきているので、ないよりはマシだけれど…というレベルで保温性に欠ける

 

ダウンケットに期待すること

  • 太ももとお尻の、心から感じる冷えをなくす

既に同シリーズの高級羽毛使用のダウンルームブーツを使用していたので

期待というより「やってくれる」という安心感がありました。

 

 

ダウンケットの商品情報

ウエストでブランケットを巻いた画像、専用のクッションカバーに収納した画像

 

  • 嵩高性に優れていると言われてる、イギリス・ロスウェル産の「チェリバリーホワイトダックダウン」を使用。
  • 羽毛が外に飛び出さず、しっとり柔らかい布地で、ガサガサ音も気にならない。
  • 薄手でかさ張らないから、冬の寒さ用だけでなく夏の冷房対策用にも使用できる。
  • ダウンケットの両サイドにあるリボンで、巻きスカート風に出来てずれ落ちない。
  • リボンが不要な時は、ポケットに入れられるので邪魔にならない。
  • ダウンケットを使わない時は、専用カバーに入れてクッションとして使用できる。

 

端のリボンもポケットに入れて簡単に収納出来る

 

カラーバリエーション

ダークブラウン・マルベリーワイン・ダークネイビー の合計3色。

 

サイズ

ダウンケット:約88cm×約157cm

専用カバー:約30cm×約38cm

日本製(MADE IN JAPAN)

 

第一印象と気になる点

購入色:マルベリーワイン

 

第一印象

広げると思ったより大きいですがコンパクトにまとまるので

持ち運びに便利そうです。

 

たくさんの縫い目があって羽毛が偏らないように工夫されています。

 

子供のお昼寝布団としてもちょうどいいサイズです。

 

 

9号のトルソーでウエストに巻くと「1周半とちょっと」くらい。

 

11号の私だとちょうど「1周半」になりました。

 

153cmの私がへそあたりで紐を結ぶと丈の長さは「くるぶし上7cm」くらいです。

 

 

気になる点

このダウンルームブーツは手洗い・ドライクリーニングが可能です。

 

ドライクリーニングであればお店の人にお任せなので

比較的クリーニング後の風合いも変わらないのかもしれません。

 

ただ金額も決して安くはないので洗濯後の保温性・耐久性などが気になります。

 

何年使用できるのか…まだまだ未知数です。

 

 

ダウンケットとダウンルームブーツを併用して使用する場合もあると思いますが

カラーバリエーションが統一されていないのがちょっと残念です。

 

ダウンケット(マルベリーワイン)とダウンルームブーツ(ロイヤルワイン)の色味の違い

ダウンケット:マルベリーワイン、ダウンルームブーツ:ロイヤルワインの色味の違いです。

 

またウエストで紐を結ぶ場合それぞれの紐と紐をまっすぐクロスすることは出来ません。

 

そのため5cmくらいずらすような形で、ようやくクロスさせて結ぶことが出来ます。

 

ダウンケットの使用してみて

自宅で使用

  • 朝、暖房で部屋が温まる前に台所に立たなければいけない時や、夜外に洗濯物を干しに行く時は、腰に巻く。
  • 電気代を節約して、暖房の設定を低めにしている時や、屋外・屋内でのスポーツ観戦時には、ひざ掛けにしたり、肩に羽織る。
  • 子供が不意に寝てしまったときは布団のようにかける。

このように様々なシーンで、場所を選ばず使用できます。

 

もちろん保温性は言うまでもありません。

 

付属の袋を使ってクッションのように仕舞うことも出来るます。

 

4つ折りにして端からクルクルと丸めていっても

戻って広がることもなく比較的コンパクトになります。

 

 

会社で使用

  • 紐では留めずに、端を折り込んで落ちてこないようにしながら、ウエストで1周半くるっと体に巻きつけて使用。

 

理由は簡単。

 

ただでさえ人よりもトイレの回数が多いので

少しでも無駄な時間をつくらない様にするためです。

 

紐で結んでしまうと長い紐をほどいて~ダウンケットを外して~

という一連の流れが想像以上に時間がかかるんです。

 

太ももの上にかけるだけとは違い座面に接している太ももの後ろ部分

お尻も全部ダウンケットに包まれているのでとても温かいです。

 

 

ダウンケットの総合評価

私の中では自宅用にもう一枚リピート買いしたいところですが

やはりネックになるの金銭面ではないでしょうか。(私もそうです)

 

それでも自宅で洗濯できるのは嬉しいです。

 

耐久年数は未知数なところはありますが4~5年は持ってくれるのではないでしょうか。

 

出来るだけ長く使えることを期待したいです。

 

 

 

また私の中ではオールマイティーにいろんな場所で使いまわせるのも高評価のポイントの1つです。

 

机で作業していても、羽毛布団の温かさがあるのは幸せです。

 

 

高級羽毛使用のダウンルームブーツで足元の冷え性対策はバッチリ!

目安時間:約 10分

足先・足裏の冷えで凍える女性

 

 

季節が秋から冬に移るにつれて寒さと冷えをどんどん感じるようになりました。

 

コールセンターという仕事柄ずっと座ったままの状態がほとんど。

 

仕事の時は季節を問わず

タイツ2枚に足裏と足の甲にカイロを計4枚毎日貼っています。

 

それでも足元がスリッパ(ルームシューズ)では

足首とふくらはぎが冷えて触ると冷たい状態です。

 

トイレは短い時で30分に1回と仕事に支障をきたすようになってきました。

 

 

「去年の3月頃は、足元が冷えすぎて、イスの上に正座していないとヤバかった」

なんて先輩ママさんから恐ろしい助言を頂きました。

 

 

藁をもすがる思いで一途の望みを託し悩みに悩んだ末に

高級羽毛使用のダウンルームブーツ(ロングサイズ)を購入したのでレビューします。

 

暖房とカイロでも温まらない足元の悩み

  • スリッパを使用
  • 80デニールのタイツ2枚と足裏と足の甲に計4枚のカイロを毎日貼っている。
  • インターネットで最安値でカイロを購入しても1か月で80枚前後は必要。(カイロの購入費用がかさむ上に、送料無料にするためにまとめて購入したカイロの保管場所に困る。)
  • 足首とふくらはぎが芯から冷えているような感覚で触ると冷たい
  • 短ければ30分に1回はトイレに立っている。

 

ダウンルームブーツでカイロの枚数をゼロに出来るか

藁をもすがる思いで購入したダウンルームブーツ。

 

期待だけが先走ります。

 

  • カイロの使用枚数をゼロにして、出来るだけ出費を抑えたい
  • 足首とふくらはぎを冷えから守って、温かく過ごしたい
  • トイレの回数を減らして、仕事に集中したい

 

ダウンルームブーツ(ロングサイズ)の商品情報

高級羽毛使用のダウンルームブーツの前と後ろ

 

  • 嵩高性に優れていると言われている、イギリス・ロスウェル産の「チェリバリーホワイトダックダウン」を使用。
  • 吸湿性や発散性にも優れているので長時間履いても蒸れにくくいつでも快適。
  • 合成皮革で二重に補強しているのでかかとが潰れにくい。
  • 足底には衝撃吸収に優れたクッション素材「EVA樹脂」を使用。
  • クッション性のあるあたたかなボアの下には備長炭を使用した不織布を使用して気になる臭いを脱臭。
  • 従来品に比べ、足首にベルトをつけたことで安定感アップ。
  • 洗濯方法は手洗いも可能なので、経済的!(←ココ、私的にはすごく重要ポイント)

 

高級羽毛使用のダウンルームブーツ 前ベルト部分のアップ

 

高級羽毛使用のダウンルームブーツ かかと部分のアップ

 

カラーバリエーション

ジンジャー・チョコブラウン・ソフトブラウン

ロイヤルワイン・アガットレッド・フォググレー の合計6色。

 

サイズ

Sサイズ…足のサイズ 22.5センチくらい  はき口ふくらはぎ周り 42センチ

Mサイズ…足のサイズ 25.0センチくらい  はき口ふくらはぎ周り 44センチ

Lサイズ…足のサイズ 27.5センチくらい  はき口ふくらはぎ周り 46センチ

ダウンルームブーツの第一印象と気になる点

足のサイズ:23.5センチ

靴のサイズ:23.5~24.0センチ

購入サイズ:Mサイズ

購入色:ロイヤルワイン

 

柔らかくてとても軽いダウンルームブーツ

購入前は底が硬いものだと勝手に想像していましたが

内底のボアがフワフワしていて柔らかい感触が意外でした。

 

筒の部分のダウンも柔らかくて簡単に着用出来ます。

 

足裏には衝撃吸収に優れたクッション材が使用されていることもあって

足裏が痛くありません。

 

ただかかと部分が1.5~2センチくらいはあまるので

スカスカする感じはあります。

 

筒の中に入れるズボンの素材によっては布地の厚いものだと

そこで固定されるような状態になるので靴のサイズが大きくて足が動くということは少ないですね。

 

 

ダウンルームブーツの耐久性はお手入れ次第?

このダウンルームブーツは手洗い・ドライクリーニングが可能です。

 

ドライクリーニングであればお店の人にお任せなので

比較的クリーニング後の風合いも変わらないのかもしれません。

 

ただ金額も決して安くはないので洗濯後の保温性・耐久性などが気になりますよね。

 

何年使用できるのか…まだまだ未知数です。

 

 

ダウンルームブーツを実際に使用してみてわかったこと

自宅で使用する場合は、主にどこで使うかがポイント

  • 素足、もしくは靴下1枚で使用
  • 使用してる場所は、主に和室と台所

 

ダウンは保温性に優れているので履いてすぐに

自分の体温でじんわり温かくなります。

 

ダウンルームブーツを履いて階段の上り下りも可能も可能ですが

サイズが大きい場合は歩きづらい感覚があります。

 

若い方は大丈夫だと思うのですが足元が不安定な

年配の方へのプレゼントの場合は「どこで使用するのか」を考える必要があると感じました。

 

部屋と部屋への移動で平たんな場所を歩く場合は階段の上り下りほど心配する必要はないです。

 

ダウンルームブーツにブランケット、上に羽織るものがあれば

暖房の温度設定は低くしても快適に過ごせます。

 

事実徳島県の山間部で11月中旬の朝方4~5時の冷えのきつい時間帯であっても

ダウンルームブーツ、ダウンケット、厚めのジャンバーがあれば

暖房を一切つけなくても温かく過ごせました。

 

 

会社で使用したする場合は、見た目と音が要注意

  • タイツ2枚+足裏に合計2枚のカイロ、マイクロファイバーのひざ掛けを併せて使用。

 

ダウンルームブーツを履いていない時に比べて

足首とふくらはぎの体感温度は温かいがまだ芯の部分は冷たいように感じます。

 

そのため当初は後ろから足元に当たるようにヒーターをつけて

足首とふくらはぎの芯の部分を温めるような感じにしていました。

 

 

ただ最近はだんだんと寒くなっているはずで社内の暖房環境も

一切変わっていないのにヒーターを付けず、ダウンルームブーツの着用だけで温かく過ごしています。

 

また見た目以上に履いてみるとスキーブーツのようなゴツさが目立ちます。

 

最初は周りの人に冷やかされることもしばしば。

 

足元は力を入れて防寒をしていますが

上はタートルネックのインナー・ブラウス・カーディガンとあまり着こまなくても済んでいます。

 

 

購入者の方のレビューであったようなダウンルームブーツの擦れる音は

コールセンターという場所柄ほとんど無音になることはないので気になりません。

 

話し声もなく無言で作業をしている場合は

席を立って歩いていると気になるかもしれませんね。

 

 

 

脱いだり履いたりが面倒ではありますが

トイレに行く際はスリッパに履き替えています。

 

ただ社内を歩く場合は履いたままウロウロしています。

 

足裏にカイロを貼ってダウンルームブーツだと何より気になるのが

蒸れ・臭いだと思うのですが、本当にビックリするくらい蒸れないし臭いません。

 

やはりダウンは通気性がいいんだなと実感しました。

 

ダウンルームブーツはこんな人にオススメ

残念ながらカイロの枚数をゼロにはできませんでした。

 

それでも「ルームブーツ=蒸れて臭い」イメージがありましたが

本当にお世辞抜きで全然臭くないのには驚きでした。

 

それと足首とふくらはぎを温めるのってすごく大事!と実感した、ダウンルームブーツです。

 

足元の寒さ・冷えで困っている人には、ぜひ試してほしい逸品ですね。(値段は張りますが…)

 

ページの先頭へ