試してよかったもの

【怪我の防止に】AIDER BODYVINE 足首サポーター

10年ぶりに剣道を始めた旦那。

剣道をしている最中に1年前にふくらはぎが肉離れになってしまって、普段歩いたりするのには支障はないんですけど、いざ動きの激しい剣道をしようと思うとまだまだ本調子ではないようです。

足首をしっかり固定すれば動けるのではないか?昔のように剣道を頑張って欲しい・・・と思っていたところ、サポーターを専門で作っている会社・AIDER(エイダー)さんに声をかけていただきました。
AIDERSHOPファンサイト参加中

商品を送っていただくにあたり、こちらのサイズ(S/M/L)と左右をお知らせしたのですが、なぜか小さいサイズが届いてしまったんですよ~。

 

ズック
ズック

Mサイズでは私は合うけれど、旦那はLサイズでないと無理~!!(汗)

とても残念・・・。

交換をお願いしようかと思いましたが、本社のある韓国に送り返したり(韓国語わからないし)また送ってもらうのも手間だったので、このままレビューさせていただくことにしました。

 

足首サポーターは全部で3サイズ×左右×3色

足首サポーターは3サイズ(S/M/L)・左右・3色(グレー・赤・黄緑)から選べます。

サイズの測り方は、足の指の付け根をぐるっと1周測ります。

サイズ参考表

Sサイズ 17~22cm
Mサイズ 21~25cm
Lサイズ 24~29cm

 

足首サポーターの装着と使い心地

パッケージはこんな感じです。

 

箱の中には韓国語の説明書と足首サポーターが入っていました。

もちろん説明書読まなくてもつけることは出来ます。

それでも日本語の翻訳説明書も一緒に同封されていたら何だか安心感があるので、紙切れ一枚でもいいのでamazonで販売される際はぜひ入れていただけたら嬉しいですね。

 

足首部分でマジックテープで留めるようになっています。

ちなみに色はグレーが届きました。

 

広げてみると、矢印の部分にゴムがついているのがわかります。

ゴムがちょうど足首部分に来て、動いてもズレ落ちないように工夫されています。

 

足首サポーターをつけた状態で横、上からみるとこんな感じです。

はみ出したお肉がとっても申し訳ない!!

 

ゴム部分をきつめに引っ張って留めても、足首をがっちりとホールドされるわけではないです。

サポーターってもっと固定されるものだと思っていたので、拍子抜け。

ズック
ズック
AIDERさん正直言うと、これ本当に大丈夫?って思っていました。

 

実際にサポーターをつけて歩いてみました!

家の廊下を歩いてみても何だか本来の良さを感じられなかったので、実際に家の近所を歩いてきました。

左:何もなし。靴下のみ  右:足首サポーター+靴下 の状態で靴を履きました。

 

足首サポーターをつけている右足だけ『かかとをけってつま先でぐっと足を踏み出す時』が楽なんです。

サポーターって怪我した人がつけるものだと思っていたんですが、違うんですね。

今まであまり運動をしてこなくて、これからダイエットや健康維持・運動不足解消にウォーキングしようと思っている人は両足にサポーターをつけて歩くと、グンと楽になると思います。

歩きなれない時ってただでさえ長い時間歩くのも大変だったり、いきなり張り切っちゃって怪我をしてしまうことってあると思うんですけど、足首サポーターが良い具合に補助してくれるイメージだなって歩きながら感じました。

 

ズック
ズック

ウォーキングポールを使って歩くと、普通に歩くより楽に歩けますよね?

あんな感じです。

 

AIDERには色々なサポーターがある

今回試させてもらった足首サポーターはまだAmazonでは販売していないようなんですが、つま先から固定するタイプのサポーター、膝や手首のサポーターもありました。

気になった方は、ぜひ覗いてみてくださいね♪


Aider エイダー 下垂足 足首 サポーター Dropfoot Brace 足首 つま先 一体型 TypeⅡ 右足 [並行輸入品]


AIDER エイダー 膝サポーター 前十字靭帯 用 サポート力 強め Knee Support TYPE4 フリーサイズ 左足 [並行輸入品]


[右利き] AiderタイプI Professional e-sports Gamerのマウス手首サポートストラップカメラブレーススリーブ