[タニタ RD-903]立てかけたり上に物を置いたりして保管・設置場所から移動して測定する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フローリングの硬い床に体重計を設置し、体重を量る

皆さんはタニタ インナースキャンデュアル RD-903をどこに保管しておく予定でしょうか。

もしくは既にどこに置いているでしょうか。

実は保管場所によって、測定する手順は変わってくるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

RD-903の保管方法によって、測定する手順は変わってくる

収納せず、いつでもすぐに量れるようにしている場合

RD-903には「乗るピタ」機能が搭載されており、体組成計本体の電源を入れなくてもすぐに測定できるようになっています。

保管状態であっても、何も測定していない時の重さを定期的に確認し、いつ体組成計に乗られて測定されてもいいように常に準備をしているわけです。

そのため収納せず保管場所が常に一定で、いつでもすぐに測定できる状態であれば、電源も入れずにそのまま体組成計に乗れば勝手に測定が始まります。

立てかけたり物を上に置いて保管、設置場所から移動して測定する場合

私の自宅は和室が多いため、和室にRD-903を保管しています。

そして測定する時だけ廊下のフローリングの床に移動しています。

その他にも立てかけて保管していたり、上に物を置いて保管している場合も、同様にひと動作加えてから測定することになります。

その場合、RD-903本体から個人番号を指定して測定するか、スマートフォンから起動させて測定するかの2パターンになります。

今回は、立てかけたり物を上に置いたりして保管していたり、設置場所から移動して測定する場合で、スマートフォンから起動させて測定する際の手順を紹介します。

 スマートフォンから起動させて測定する方法

iPhone6sを使用し、手順を紹介していきます。

この場合、本体の電源ボタンを押してから起動させるのではなく、本体は電源も入れず触らずに、iPhoneやAndroid端末だけを使用して起動させていきます。

Bluetooth(ブルートゥース)通信の設定をオンにします

Bluetooth(ブルートゥース)通信を使用します。

Bluetooth(ブルートゥース)通信のボタンはオンになっていますか?

iPoneのデスクトップには、オレンジ色の体重計のアイコンが並んでいる

iPhoneやAndroid端末のトップ画面にある、「ヘルスプラネット(Health Planet)」のアイコンを押します。

ヘルスプラネットのボタンを押すと、昨日の測定データが表示されます

すると、昨日測定したデータが画面に現れます。

左上にある、データを入力というボタンを押します

画面の左上にある「データを入力」を押します。

するとBluetooth(ブルートゥース)通信を使用し体組成計を起動するというアナウンスページが出ます

Bluetooth(ブルートゥース)通信を使用し、RD-903を起動させる準備に入ります。

電源がオフになっていることを確認してください。

Bluetooth(ブルートゥース)通信を使って、自動でRD-903が起動します

起動しますの画面から1~2秒もかからず、すぐにRD-903本体の電源が入ります。

例えば私と旦那、2人分登録していても、きちんとそれぞれのiPhoneやAndroid端末を区別して電源が入ります。

電源が入ったことを確認したら、スマホを持ったままRD-903に乗ります。

RD903に乗ること5~10秒で簡単に、測定が終了しスマホにデータが飛ばされます

RD-903に乗ったら、ものの5~10秒程度で測定が終了します。

5~10秒程度とはいえ、冬の暖房もついていない廊下での裸足は堪えます。

すぐさま連動し、Bluetooth(ブルートゥース)通信で測定データがスマホに表示されます。

右上上にある完了ボタンを押して、おしまいです。

画面の右上にある「完了」を押したら、終了です。

先ほど測定したデータが記載された、一番初めの画面に戻ります。

一番初めの画面に戻ります。

ただ表示されているのは昨日のデータではなく、先ほど測定した今日のデータになります。

そしてヘルスプラネットのアプリを終了します。

 活動量計カロリズムAM-160と併用すれば変化が鮮明に

タニタの無料アプリ ヘルスプラネットを使用してデータを管理していると、必ず見えるこの部分。

活動量計カロリズムAM-160を併用すると消費カロリーと歩数が表示されます

活動量計 カロリズム AM-160を併用すれば、消費カロリーと歩数が表示されるようです。

ただでさえ低い、私の基礎代謝量。

「走り・歩き・生活・安静」の4つに分けた行動別の消費カロリーや、活動時間・脂肪燃焼量まで表示してくれるようです。

「忙しいから運動する暇がない」と口癖になっていても、行動すべてが丸裸にされるので、いかに自分が動いていない生活をしているかを見直すいいチャンスになりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする