タニタ デュアル体組成計RD-903(rd-903) スマホで簡単データ管理の操作手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホを使用し、ヘルスプラネットのアプリでグラフデータを操作する女性

タニタ インナースキャンデュアル RD-903を購入し、RD-903のある生活を送っています。

RD-903はBluetooth(ブルートゥース)通信を使用し、iPhoneやAndroid端末にデータを送信・管理することが出来ます。

インナースキャンデュアル RD-903をスマホで連動させるための手順と使い方解説
タニタ インナースキャンデュアル RD-903が手に入りました。何と言ってもRD-903の特徴の一つは、Bluetooth(ブルートゥース)...

実際に、本当に簡単にスマホでデータ管理出来るのか、操作手順をみてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

RD-903 スマホでグラフデータを操作してみよう

iPhone6sを使用しています。

iPoneのデスクトップには、オレンジ色の体重計のアイコンが並んでいる

タニタのヘルスプラネットのアイコンを押します。

グラフを見るを押します

画面右上の「グラフを見る」を押します。

体脂肪率の一週間のグラフが表示されました。

体脂肪率の一週間のグラフが表示されました。

「一か月」の部分をクリックすると、1か月のグラフが表示されます

「一ヶ月」を押すと、体脂肪の一ヶ月のグラフが表示されます。

同様に、「三ヶ月」を押すと、体脂肪の三ヶ月のグラフが表示されます。

表示するグラフを変える場合は、今表示されている体脂肪率を押します

表示するグラフを変更する場合は、今表示されているグラフ名(ここでは、体脂肪率)を押します。

見たいグラフの項目を選択します

how-to-management-7

表示したいグラフの項目を選択します。

表示できるのは、体重・体脂肪・BMI・筋肉量・筋肉スコア・筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・推定骨量・体水分率・脈拍・血圧・カロリズム・歩数・歩数消費カロリー・総消費カロリー・歩行時間・尿糖の19項目です。

ただし、カロリズム・歩数・歩数消費カロリー・総消費カロリー・歩行時間を表示するには「活動量計 カロリズム AM-160」や「活動量計 カロリズム AM-161」が必要です。

how-to-management-8

体脂肪率から基礎代謝量のグラフに変更してみました。

スマホで2つのグラフを表示させてみよう

how-to-management-9

基礎代謝量の隣にある「+」のボタンを押すと、基礎代謝量+αというように、2つのグラフを表示することが出来るようになります。

グラフの項目を選択する画面が出てきますので、見たい項目を選択します。

how-to-management-10

基礎代謝量と体脂肪率の2つのグラフを表示しました。

2つのグラフを1つのグラフ表示に戻すには

how-to-management-11

2つのグラフ表示から、また1つのグラフ表示に変更したい時は、「-」のボタンを押します。

how-to-management-12

2つめのデータ項目として表示させていた体脂肪率のグラフが消え、1つ目のデータ項目としていた、基礎代謝量のグラフだけになりました。

日毎の測定データを確認するには

how-to-management-13

日毎の記録を確認したい時は、確認したい日の「●」部分を押します。

すると、「月日・計測時間・各項目の数値」が表示されます。

how-to-management-14

スマホを横向きにすると、このように表示されます。

RD-903の購入を検討している方は、RD-903の対応するスマートフォン一覧で、自分のiPhoneやAndroid端末が対応するか確認してくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする