インナースキャンデュアル RD-903をスマホで連動させるための手順と使い方解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同梱されていたものは体組成計本体(RD-903)と簡単な説明書1枚

タニタ インナースキャンデュアル RD-903が手に入りました。

[レビュー]タニタ インナーデュアル体組成計RD-903の使い方と購入前に確認しておくべきこと
タニタ インナーデュアル体組成計RD-903(rd-903)が届きました。さっそく、開封して使い方をチェックしてみましょう。

何と言ってもRD-903の特徴の一つは、Bluetooth(ブルートゥース)通信で、iPhoneやAndroid端末にデータを送信・管理出来ることです。

実際に、アプリのダウンロードから登録までの手順を行ってみます。

(使用した端末は、iPhone6sです。)

対応しているiPhone・Android端末のアプリはこちら。

  • タニタヘルスプラネット(iPhone・Android対応)
  • シェイプアップ応援ゲーム ねんしょう!for Girls(iPhone・Android対応)
  • イケメン育成ダイエット -ふとしの部屋(iPhoneのみ対応)
  • ランニング応援ゲーム ねんしょう!2+(iPhoneのみ対応)
  • 365日腹筋アプリ SitApp(iPhoneのみ対応)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Bluetooth(ブルートゥース)通信の設定をオンにする

Bluetooth(ブルートゥース)通信の設定をオンにします

アプリのダウンロードの前に、まずはBluetooth通信の設定をオンにします。

正直、アプリのダウンロード後でも問題ありません。

ただサクサクと設定が済んでいくので、タイミングを逃してしまいそうな人は、一番始めにBluetooth通信の設定をしてしまいましょう。

タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネットの登録

ヘルスプラネットのアプリをダウンロードする

タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネットをダウンロードする

オレンジ色の体重計のアイコンが目印の、ヘルスプラネット。

このアプリをダウンロードしていきます。

もちろん、無料アプリです。

iPoneのデスクトップには、オレンジ色の体重計のアイコンが並んでいる

ダウンロードが出来たら、こんな感じでトップの画面にはオレンジ色の体重計の「ヘルスプラネット」のアイコンが並んでいます。

ヘルスプラネットのアプリを始める

アイコンをクリックすると、このような画面が出てきます。

始めるのボタンをクリックします。

無料会員登録のボタンを押します

無料会員登録ボタンを押します。

利用規約をよく読み、同意するのボタンを押します

利用規約をきちんと読んでから、同意するのボタンを押します。

利用規約なんてすっ飛ばしてしまいそうですが、あえてきちんと読みましょう。

ID・パスワードを入力します

基本情報を登録していきます。

半角英数字記号4~64文字以内でID、半角英数字6~16文字以内でパスワードを入力します。

性別・身長を入力します

続いて、性別・身長を入力します。

「150.5」のように、小数点第1位まで入力出来るようです。

生年月日・住んでいる都道府県・メールアドレスを入力します

生年月日・住んでいる都道府県・メールアドレスを入力します。

メールマガジンを購読するかどうかを選び、次に進みます

メールマガジンを購読するかどうかを選び、次へを押します。

私はメールボックスが欲しくもないメルマガで溢れるのは嫌だったので、今回は購読しないを選びました。

登録した情報に間違っている部分はないか確認します

登録した情報が間違っていないかを確認します。

登録情報に間違いがなければ、登録ボタンを押します

登録した内容に間違いがあれば、戻るのボタンを押して修正します。

間違いがなければ、登録ボタンを押します。

クローズボタンを押して、画面を閉じます

登録が完了しました。

下にある、Closeボタンを押して画面を閉じます。

RD-903本体とスマホをアプリを使って連動させる

登録したユーザーIDとパスワードを入力して、ログインボタンを押します

先ほど登録したユーザーID・パスワードを入力し、ログインボタンを押します。

ポップアップ画面が出てくるので、OKを押します

「データの同期に成功しました」というメッセージが出てきますので、OKボタンを押します。

通知を送信しますと出てくるので、OKボタンを押します

「ヘルスプラネットは通知を送信します。よろしいですか?」と出てきますので、OKボタンを押します。

通知方法は「設定」で指定することもできるようです。

ヘルスプラネットに体組成計情報を登録します

いよいよヘルスプラネットに、体組成計の情報を入力していきます。

データを入力というボタンを押します。

体組成計から入力するというボタンを押します

体組成計から入力するというボタンを押します。

体組成計を登録するというボタンを押すだけで、自動で登録出来ます

体組成計を登録するというボタンを押します。

RD-903本体の丸の部分を3秒以上押します

体組成計の電源が入っていないことを確認し、通信ボタンである(○)を3秒以上長押しします。

その後、OKボタンを押します。

通信ボタンである丸ボタンは体組成計の中央部分にあります

体組成計の中央部分の○と書かれたボタンが、通信ボタンです。

ここを3秒以上長押しします。

通信ボタンを3秒以上長押しすると、青く光り始めます

体組成計本体の通信ボタン(○)を3秒以上長押しすると、青く光り始めます。

青く光り始めて体組成計が起動してから、画面のOKボタンを押します。

Bluetoothベアリングの要求を求めるので、ベアリングのボタンを押します

Bluetoothペアリングの要求という画面が現れます。

ペアリングのボタンを押します。

着衣やスマホの重さを入力します

体組成計の表示名、着衣やスマホの重さ、体組成計の地域設定を入力します。

スマホの重さは、本体(iPone6s)+手帳型カバーで199gだったので、0.2㎏としました。

入力が終了したら、登録ボタンを押します。

体組成計本体には、着衣やスマホの重さで設定した重さが表示されます

画像ではわかりずらいですが、着衣やスマホの重さとして入力した重さ(-0.2㎏)が画面に現れ、点滅し始めました。

この状態で、スマホを持ちながら体組成計に乗ります。

スマホをもったまま、体組成計に乗るだけでスマホにデータ送信されます。

すると、体組成計で計測されたデータが自動でスマホに表示されます。

毎日スマホを持って体重計に乗るだけで、後は自動でデータをグラフ化して表示してくれます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする